スノーボードで人生が変わる!?スノボに出会えて良かった5つのことを紹介!

アイキャッチ画像 上達マインド
この記事は約6分で読めます。

「スノーボードに飽きた」

「スノーボードがつまらない」

「スノーボードをもう辞めたい」

 スノーボードを長く続けていれば、1度や2度は誰でも思うことがあるかもしれません。

 僕はスノーボード歴20年以上ですが、実際に周りの友達は結婚、出産、子育てなどでどんどんスノーボードから遠ざかって行きました。

 そのたびに自分だけがとり残されたような何とも切なく寂しい気持ちになったものです。

 でも、僕はスノーボードを辞めようと思ったことは一度もありません。

 この記事では、スノーボード歴20年以上、現役インストラクターの僕が、スノーボードに出会い、辞めずに続けてきて良かったと思うことを5つ紹介します。

 もしスノーボードに飽きてもう辞めたいと思っている人がいたら、ぜひこの記事を読んで長く続けていただけたらうれしいです。

スキー場の景色

1.スノーボードに出会えて人生が変わった

 さきほど書いたとおり、僕はスノーボードを辞めようと思ったことは一度もありません

 今でも年30回以上はスノーボードに行きます。
 スノーボードに対する気持ちはまったく衰えることがありません。
 それどころか、80歳まで続けたいとさえ思っています。

 なぜこんなにスノーボードが大好きなのか。
 それは、僕はスノーボードに出会って人生が変わったからです。
 だからスノーボードには感謝しかありません。
 辞められるわけがないのです。

青空に「CHANGE→」の雲がある画像

2.スノーボードを続けて良かった5つのこと

 それでは、僕がスノーボードに出会い、続けてきて良かったと思うことを5つ紹介します。

  1. 冬が大好きになった
  2. たくさんの仲間と出会えた
  3. 行動力が爆上がりした 
  4. 体がムキムキになった
  5. 仕事が早くなり残業が減った

①冬が大好きになった

 1つ目は、大嫌いだった冬が大好きになったことです。

 スノーボードをしない人にとって、寒い冬や雪は好きになれないかもしれません。
 僕の地元では、冬は道に20~30cm雪が積もることもあります。
 こんな時は、道が渋滞したり、電車やバスが遅れたり止まったりするので、周囲の人は「雪なんて降らなければいいのに」とよく話しています。

 僕は「そうですよね~」なんて話を合わせながらも、心の中では複雑な心境です。
 逆に地元の山の初冠雪や大雪予報などがニュースになるとワクワクしてきます。
 心の中で一人ガッツポーズです。
 
 日本には四季がありますが、そのうちの1つである冬を嫌だなと思いながら過ごすのはもったいないです。
 スノーボードのおかげで冬を好きになり、冬の到来を待ち遠しく思えるなんて素晴らしいことだと思いませんか。

わかさ氷ノ山スキー場

②たくさんの仲間と出会えた

 2つ目は、スノーボードを通してたくさんの仲間と出会えたことです。

 僕は人づきあいが超苦手です。
 でも、大好きなスノーボードのことなら誰とでもいくらでも話せます

 特にスノーボードのインストラクターになってスクールに所属してから仲間が一気に増えました。
 インストラクターの世界にいざ飛び込んでみれば、自分より上手な人、自分よりスノーボードのことを考えている人ばかりです。
 職種も会社員、公務員、会社の社長さん、学生、主夫(婦)などさまざまです。

 その人たちから多くのことを学び刺激を受けることで、スノーボードの技術だけでなく人間的にも大きく成長できたと思っています。

 この記事の最初で、友だちがどんどんスノーボードから遠ざかって寂しいと書きましたが、その数以上にたくさんの仲間との新しい出会いがあったことは僕の人生の宝物です。

仲間

③行動力が爆上がりした 

 3つ目は、圧倒的に行動力が上がったことです。

 僕はもともと家にいるのが好きだったのでほとんど外に出ることはありませんでした。
 でもスノーボードを始めてから、いつの間にかめちゃくちゃ活動的になっていました。
 一人で滑りに行くのは当たり前ですし、スキー場が遠ければ雪山で車中泊もします。

 冬以外にも車中泊で一人旅に行くようになりました。

 また、スノーボードのオフトレとしてジャンプの練習場に行ったり、スケートボードやサーフスケートもします。

 こんなに活動的な姿を以前の自分が見たら驚くことでしょう。
 そもそも、雪が降った翌朝に、わざわざ雪道を運転して寒いスキー場に向かうのですから、行動力が上がるのは当然かもしれませんね。

雪山でジャンプするスノーボーダー

④体がムキムキになった

 4つ目は、滑れば滑るほど体がムキムキになっていくことです。 
 スノーボードは全身を使うスポーツなのでエネルギーの消費量がすごいです。
 シーズン中はいくら食べてもまったく太りません。

 僕は学生時代、ほとんど運動なんてしないモヤシっ子でした。
 でもスノーボードのおかげでみるみる体が引き締まり筋肉質になりました。

 僕は今40代ですが、職場で同年代の男性を見るとお腹がぼっこり出ている人が多いです。
 そのぽっこりお腹を横目で見ながら、割れた自分の腹筋をさすって少し誇らしい気持ちになります。

 でも、スノーボードは楽しようと思えばいくらでも楽に滑ることができます
 なのでちゃんと苦しい基礎練習を自分に課すことが必要です。
 例えば、プレス系のグラトリ、低速カービング、ダイナミックカーブ(伸ばし押し荷重、抱え込み抜重の滑走方法)をやるとスタミナがどんどん削られて良い練習になります。 

雪の中でうずくまる写真

⑤仕事が早くなり残業が減った

 5つ目は、仕事が早くなり残業が減ったことです。

 週末の金曜日は、翌日のスノーボードのことで頭がいっぱいなので早く仕事を終わらせなければなりません。
 そのため、どうやって早く仕事を片付けようかと金曜日は朝から頭がフル回転です。
 おかげで仕事が早くなり残業が減りました。

 また、スノーボードは持って行く荷物が多いので、知らず知らずのうちに「準備力」や「段取り力」も磨かれていきます
 これも仕事が早くなる要因の1つだと思います。

 僕はできるだけ準備に手間や時間をかけたくないので、いつも自分で作った「持ち物チェックリスト」を見ながら荷物をまとめて忘れ物をしないように気を付けています。

横向きの砂時計の画像

3.おわりに

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 この記事では、僕がスノーボードに出会い、続けてきて良かったと思うことを5つ紹介しました。
 この記事が、スノーボードを辞めようかと悩んでいる人のお役に立てば幸いです。

 以下の記事では、僕のスノーボードの楽しみ方を紹介していますので、ぜひ併せて読んでみてください。

ひとりスノボ 2つのメリット・デメリット
「ひとりスノボは恥ずかしい…」 「ひとりの休憩時間はさみしい…」 「トラブルにあわないか心配…」  スノーボード好きの人が一度は抱える悩みではないでしょうか?  でも、僕は次のように考えます。  「目標があるなら行く! そしてなりふり構わず...
春スノボ 初心者に超おすすめな理由と3つの対策
「スノーボードはコケたら痛い」 「スノーボードはお金がかかる」 「なんでわざわざ寒いところに行くの?」  せっかく始めたスノーボードを初心者がやめてしまうのはこんな理由からです。  でも初心者にこそ春スノーボードをおすすめします。  なぜな...
孤独を楽しむ贅沢!雨のひとり春スノボinだいせんホワイトリゾート
「ひとりスノボは寂しい」 「春の雪はつまらない」 「雨だとモチベが下がる」  いくらスノーボードが好きでも「ひとり」「春のシャバ雪」「雨」という3つの悪条件が重なるとテンションが下がりますよね。  こんな悪条件の中でもスノーボードは楽しめる...

コメント

タイトルとURLをコピーしました